これから水素燃料は一般に普及していくのだろうか

ここ数年で、いろいろな自動車メーカーでは電気自動車の開発が盛んに行われるようになってきています。
その流れを作ったのは日産のリーフやテスラという新興メーカーの登場であるのは間違えないでしょう。
従来から回生エネルギーという電気的な動力というのは、プリウスなどのハイブリッドカーで取り入れられていらきていました。
しかし、あくまで補助的な役割だったものが、今後は大容量バッテリーと組み合わさり、ガソリンエンジンに変わろうとしています。
1年や2年で急に変わってしまうことはないが、おそらく今後10年で、自動車のエンジンというのは様変わりのではないかと思っています。
そして、電気自動車ともう一つ、水素を燃料とする水素自動車も開発されていますが、そちらは今後普及していくのでしょうか。
水素を補給するためのインフラ整備など、電気自動車と比べると、普及には課題が多く存在しているように感じています。
しかし、トヨタがせっかくミライという量販車種を開発したのに、これをそのまま廃れさせるようなことは考えにくいのではないかと思っています。
何か他の形で技術が転用されたり、水素を使う自動車も同時に走るようになったりするんでしょうかね。キレイモ キャンペーン

これから水素燃料は一般に普及していくのだろうか