ラインで暴行事件についての記事が掲載されていました。

内容がスマートフォンの言い合いで事件に至ったという記事でした。歯止めが利かなくなり殺人にまで至ったという話だが、まずおかしいのは仮に喧嘩というなら1対1が私は原則だと思っています。それを数を呼んで一人に対して複数でやっている、これは喧嘩ではなくリンチであり極めて卑怯な人間がやる事である。女子に多い心境なんだろうが、数が多ければ有利なのは当たり前である。この心境は”如何に自分が傷つかない方法”を模索した結論だろう。

だけど男性も混ざってやっていた事を考えると、近年の喧嘩の仕方がたとえ手法が汚いやり口でも勝てばいいという発想が、大人社会でも多くみられる。喧嘩で暴力に発展する傾向はやってはいけない事だが、やるにしても正々堂々という人間という矜持の部分をないがしろにした段階、あるいは議論の最中に暴力に及んだ時点でその人の負けだと私は思います。そういう子供を育ててしまった親も、他の者に勝つ方法は教えてもその手法についての正当性、侍でいえば寝ている人をそのまま切るのではなく、枕蹴飛ばして起こして切るもんです。そういう発想が現在は無いんだと感じます。顔脱毛 脱毛ラボ

ラインで暴行事件についての記事が掲載されていました。