木質バイオマス発電の燃料化に貢献する木材買取制度

地元新聞に森林組合による木材の買取りが増えているという記事がありました。
木材の使い道は,近隣市で局間企業による木質バイオマス発電に使うチップです。
木材1tあたり約8000円の買取額を設定したところ,山林の持ち主を中心に持ち込み量が増え想定を上回っているようです。
現行価格を維持すると赤字額が増大するため買取額を下げたようですが,従来再生紙用のチップとしてしか用途がなく,あまり値段がつかなかった木材が高く買取られるようになった事で,地元の人々は喜び発電業者も全ての燃料を地元で調達できそうと嬉しい誤算のようです。
日本の至る所にある山林は間伐が行き届かず野放しになっている場所が多い現状で,有効な使い道が出来た事は朗報でしょう。
ただ太陽光発電がそうだったように最初の買取価格をあまり高く設定し過ぎると,業者の参入ではなく乱入になる可能性もあります。最初はどうしても関心を呼ぶために美味しい話になりがちですが,仕事も最初が肝心ですから,継続的な事業として進められるよう将来を見通した価格設定をすべきだと感じます。
自然を有効利用し循環社会が実現できれば,環境問題の解決にも繋がっていくでしょう。https://www.sgpph.org/

木質バイオマス発電の燃料化に貢献する木材買取制度