N・T、S・Kに私の居所を勝手に報ずる

「おーいS・K!A・Iに所在地とナンバー授けるといたからな!」
 後ろの八王子・高尾部門スタートに向かって、N・Tが声高に叫んで要る。
 ぼくは急に小恥ずかしくなった。意見が届いたのか、後ろのスタートの長椅子に腰掛けているさらに周囲を退く格好のS・Kは、人差し指と小指を立てて決め休憩を作っている。さっぱりとヤツのびいきそうなB類道程のニュースの窓口見本気取りです。それときっと一気に反対方向から二つの電車がスタートに流れ込んでくる。
 帰り道は入替えの段階以外は、三第三者とも車内の個々人別々の所でこと切れていた。何方かしら立ったまま寝ていた時もあったが、ベンチが空くなり他のツーリストとの椅子受けとりプレイの如く取り合いが始まった。通勤ラッシュの段階ほど熾烈ではないに済ませろ、そこは人柄。自らの生存を確保するためにはある程度小物を欠くことに躊躇いはない。その設置コンペに敗れる度、勝者が生存を勝ち取ったことを誇らしげにほくそ笑んで掛かるような気がしたが、それはそれでヒマしのぎにはなったような気がする。妊活マカ

N・T、S・Kに私の居所を勝手に報ずる